Entries

スポンサーサイト

よたろうくん 山根赤鬼

「よたろうくん」は1956年頃からいくつかの雑誌に描き継がれ、1968年まで連載が続いたいたそうです。もちろん私が知っているのは1960年前半の頃の連載です。作者は山根赤鬼といい、双子の漫画家でもう一人は山根青鬼というペンネームでした。双子ですから当然絵柄も似ていて、私は青鬼と赤鬼が同じ人だと思っていました。単に気紛れで「赤鬼」となったり「青鬼」となったりしているのだと思いました。二人は田河水泡の...

ナガシマくん  わちさんぺい

「少年」に連載されたこの漫画は、リアルタイムでも読んでいたような記憶がありますが、ほとんどは近所の家にあった古雑誌で読んでいたように思います。ギャグ漫画と言うよりほのぼの漫画といった風な漫画です。「わちさんぺい」という不思議な名前で、子供心にとても記憶に残る漫画家でした。ほかにも「火星ちゃん」とかいうたこのような生き物が主役だった漫画があった記憶がありますが、たこだったのか宇宙人だったのかたこに似た...

ポパイ  森田拳次

森田拳次を2日続けてエントリー。少年画報だったと思いますが、モリケンはTBSでやっていた外国のアニメ「ポパイ」の日本版漫画を描いていました。かなりアニメのキャラクターを忠実に描いていたと思います。それでもモリケンらしいところもでていました。ポパイの終了後にオリジナルの漫画を連載し始めたようです。新しい森田拳次の漫画が「ポパイ」のあとに始まると言う予告が少年画報にのっていたのをよく記憶してます。...

怪球Xあらわる  益子かつみ

「少年サンデー」に連載された漫画です。野球のボールのような宇宙人と少年の話。話の内容とかは記憶が曖昧でしたが、このボールのキャラクターがとても印象に残っている漫画。益子かつみの好きな漫画化でした。彼は月刊誌で「笛吹童子」なんかも描いていたように記憶しています。(ちょっと曖昧。間違っていたらご指摘を)...

発明ソン太  あさのりじ

あさのりじというと月刊誌「少年」の専属のような感じのマンガ家でしたね。やはり一番記憶にあるのはこの「発明ソン太」というまんがです。毎回いろいろな発明をしていて、よくこんないろいろな事が考え付くなぁと、感心したものです。話の内容自体は記憶に無いのですが・・・・。こうしたほのぼの系の漫画があさのりじにはあってましたね。「光速エスパー」みたいなものは合わなかったような気がします。...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。