Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/56-da475214

-件のトラックバック

[T1] 心の奥底にあるイメージ

普通の民家に、宇宙から全身タイツの美しいお姉さんがやってくる。今となっては本当に観たのかどうかも定かでない。幼いころにテレビで見たそんなシーンが頭に焼きついている。 記憶の中の漫画とアニメとTV  実写ドラマ ピロンの秘密

-件のコメント

[C277] ミラのフェチシズム

手塚作品の中には、TVアニメ「ワンダースリー」の女諜報員F6号の様な白の全身タイツ姿のヒロインがしばしば登場して、当時の色気付いた小学生の話題になっていましたが、ミラだけは、演じた峰和子さんの肉感的な魅力と相俟って、男の子達に性的なフェチシズムを植え付けたシンボル的な存在でありました。
ミラとの遭遇は、神話学者K.ケレーニィが云う<アイドース>の体験、女神の裸体に遭遇した時の様な、タブーを犯してしまった時に生じるあの感情であり、この半ば宗教的な情動に圧倒されていました。
しかも、ただ一度だけでしたが、ミラは洋服とサンダル履きで登場したことがありました。その時に垣間見えた彼女の足指は、当時の日本人には珍しい綺麗なギリシア型で、第2指と第3指がかなり長かったと記憶しています。
とにかくフェチシズムという言葉すら一般的ではなかった時代の子供達に強烈な性の現前を見せつけた象徴的な存在がミラだったわけであり、これがテレビで放映出来たおおらかな古き良き時代の
産物として、「ビロンの秘密」は語り継がれてゆくことでしょう。

[C295] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

実写ドラマ ピロンの秘密

piron

手塚作品でも割とマイナーな作品で、知っている人は少ないと思う作品ですが、「ピロンの秘密」はTVドラマ化されています。ストーリーはTVと同時進行的な展開だったのかもしれません。個人的にはリアルタイムでは見たことはないと思います。再放送か何かで何回か見た記憶がうっすらとあります。「ピロン」という変った名前で私の記憶に留まりました。
記憶が正しければ「ピロン」というヤクルトのような乳酸菌飲料がその頃あったように思います。この作品との関連があったのかどうかは記憶にありません。

当然内容などまったく覚えていません。そこで検索し、あらすじを読んでなんとなくそんな感じだったかなとぼんやり思い出したという状態の作品。

ストーリーはと言うと、
ピロン星という星から地球(東京)に降りたって来たピロン王子(ニッキー窪田)という少年がいる。彼を悪の結社から守るために、ミラという名の用心棒役の女超人(峰和子)が随行して来た。という内容でそういえばた「ミラ」という名前がいたと思い出しました。
「ピロンの秘密を護るため~」という歌詞の主題歌が合ったようにも思います。その部分だけ何故か記憶にあります。作詞は手塚治虫自身がしたそうです。
nikki

「ピロンの秘密」は1960年に日本テレビで放送されました。


スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/56-da475214

1件のトラックバック

[T1] 心の奥底にあるイメージ

普通の民家に、宇宙から全身タイツの美しいお姉さんがやってくる。今となっては本当に観たのかどうかも定かでない。幼いころにテレビで見たそんなシーンが頭に焼きついている。 記憶の中の漫画とアニメとTV  実写ドラマ ピロンの秘密

2件のコメント

[C277] ミラのフェチシズム

手塚作品の中には、TVアニメ「ワンダースリー」の女諜報員F6号の様な白の全身タイツ姿のヒロインがしばしば登場して、当時の色気付いた小学生の話題になっていましたが、ミラだけは、演じた峰和子さんの肉感的な魅力と相俟って、男の子達に性的なフェチシズムを植え付けたシンボル的な存在でありました。
ミラとの遭遇は、神話学者K.ケレーニィが云う<アイドース>の体験、女神の裸体に遭遇した時の様な、タブーを犯してしまった時に生じるあの感情であり、この半ば宗教的な情動に圧倒されていました。
しかも、ただ一度だけでしたが、ミラは洋服とサンダル履きで登場したことがありました。その時に垣間見えた彼女の足指は、当時の日本人には珍しい綺麗なギリシア型で、第2指と第3指がかなり長かったと記憶しています。
とにかくフェチシズムという言葉すら一般的ではなかった時代の子供達に強烈な性の現前を見せつけた象徴的な存在がミラだったわけであり、これがテレビで放映出来たおおらかな古き良き時代の
産物として、「ビロンの秘密」は語り継がれてゆくことでしょう。

[C295] 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。