Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/4-09b7eba2

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ほたるの墓  野坂昭如・吉森みきを

firefly


「ほたるの墓」というと、ジブリのアニメ版「火垂の墓」を思い浮かべる人が多いのではないでしょうか。しかし、ここで私が取り上げるのは、アニメより20年位前に発表された漫画「ほたるの墓」です。原作は野坂昭如で、漫画を吉森みきをが描いています。この漫画は1969年少女月刊誌「りぼん」の付録として描かれました。当時妹が、「りぼん」を買っていて漫画好きの私は妹のいないときを狙って読んでいました。

野坂昭如というとテレビなどで見かける不良中年と言うイメージがあり、こんな感動的な漫画の原作を本当に書いたのだろうかと、疑いました。

テレビでも何度かアニメは放送されたので、ストーリーは知っている人が多いと思います。
戦時中の兄と幼い妹の話で、野坂の体験をもとに書かれた話です。兄として妹を助けられなかった贖罪と鎮魂の気持ちで書いたといわれています。

非常に悲しく救いのない話ですが、15歳の私はこの漫画に非常に感動しました。何回読んでも、泣けてきました。この作品によって吉森みきをと言う漫画家も好きになりました。この漫画が「ほたるの墓」との出会いなので私にとってはアニメ版やドラマ版より強く印象に残っています。

現在この漫画は「ほるぷ平和漫画シリーズ」として図書館などにも置いてあるようです。シリーズの「焼跡のうた」と題した巻に収録されているとのこと。

ちなみに野坂の孫娘が「『火垂の墓』の作者は、どういう気持ちでこの物語を書いたでしょうか。」と言う宿題を学校から出された時、野坂は孫娘に当時を振り返り、何本もの仕事を抱えて、締め切りに追われていて雑誌の担当者からのプレッシャーに地獄のような日々だったので

「締め切りの追われ、ヒィヒィ言いながら書いた。」と答えたそうです。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/4-09b7eba2

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。