Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/30-a1101a9c

-件のトラックバック

-件のコメント

[C244] Re: No title

★ざんぶろんぞさん
いや~、私も詳細は記憶していなくて。
とにかく、運転者が乗っていなくて走れるかっこいいオートバイと言う事だけ
非常に印象に残っている漫画です。
面白かったのに、れんさいはながくなかったようですね。
細かいことを記憶しているのは、やはりメカに関心のあった方だったのでしょうか。
  • 2009-07-26
  • レトロま~さん
  • URL
  • 編集

[C245] No title

こんばんは。
「ゼロバイ」、懐かしいですね。64年か65年頃の少年マガジンですよね。特殊なタイヤを装備したリモコン可能なロボットバイクみたいな二輪車で、ビル街をピョンピョンはねて走行していたのを憶えていますが、ストーリーは全然記憶していません。
この画像はシールですね。シールが大人気になって来てた時代だから、こういうTV化されていないものでも、シールはあったんですね。僕は、アトム・鉄人・エイトマン・影丸くらいのシールしか覚えていませんけど。
この時代まで、漫画原作者で、福本和也、久米みのる、という名前はよく見掛けました。梶原一騎が有名メジャーになる前までです。僕は、ずーっと、久米みのるは、小松左京が漫画作品を手掛けるときのペンネームだと思い込んでいました。そうではなく全くの別人だと知ったのはここ10年前くらいでした。後で調べたら小松左京が漫画で使っていたペンネームは‘もりみのる’とか‘小松みのる’でした。
あの時代のSF漫画は、シンプルに無数のアイデアが出ていたなあ、と思います。昨今のSF漫画は複雑で難解なものが多いように感じられますけど、SF漫画の黄金時代はあの時代だったなあ、という気がします。
  • 2009-07-30
  • Ken
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

ゼロバイ  原作・久米みのる 漫画・山崎まさる

zerobai


この漫画が少年マガジンで連載が始まったとき、「ゼロバイ」の走る姿のかっこよさにほれこみました。今見たら多分それほどの細かいメカが描いてあったわけではないと思うのですが、当時は非常に興奮したものでした。

「ゼロバイ」と言うのは運転者が乗っていなくともリモコンで走れるオートバイの事です。コンセプトはなんだか鉄人のバイクバージョン?
連載が開始したときは盛り上がって、人気が有ったような気がしますが、ストーリーがなんだか尻つぼみだったようで、人気はおちてあまり長くは続かなかったような気がします。
とにかく、オートバイとか車にあまり興味がなかった私でさえ気に入った作品で、記憶に焼きついている漫画です。

スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/30-a1101a9c

0件のトラックバック

2件のコメント

[C244] Re: No title

★ざんぶろんぞさん
いや~、私も詳細は記憶していなくて。
とにかく、運転者が乗っていなくて走れるかっこいいオートバイと言う事だけ
非常に印象に残っている漫画です。
面白かったのに、れんさいはながくなかったようですね。
細かいことを記憶しているのは、やはりメカに関心のあった方だったのでしょうか。
  • 2009-07-26
  • レトロま~さん
  • URL
  • 編集

[C245] No title

こんばんは。
「ゼロバイ」、懐かしいですね。64年か65年頃の少年マガジンですよね。特殊なタイヤを装備したリモコン可能なロボットバイクみたいな二輪車で、ビル街をピョンピョンはねて走行していたのを憶えていますが、ストーリーは全然記憶していません。
この画像はシールですね。シールが大人気になって来てた時代だから、こういうTV化されていないものでも、シールはあったんですね。僕は、アトム・鉄人・エイトマン・影丸くらいのシールしか覚えていませんけど。
この時代まで、漫画原作者で、福本和也、久米みのる、という名前はよく見掛けました。梶原一騎が有名メジャーになる前までです。僕は、ずーっと、久米みのるは、小松左京が漫画作品を手掛けるときのペンネームだと思い込んでいました。そうではなく全くの別人だと知ったのはここ10年前くらいでした。後で調べたら小松左京が漫画で使っていたペンネームは‘もりみのる’とか‘小松みのる’でした。
あの時代のSF漫画は、シンプルに無数のアイデアが出ていたなあ、と思います。昨今のSF漫画は複雑で難解なものが多いように感じられますけど、SF漫画の黄金時代はあの時代だったなあ、という気がします。
  • 2009-07-30
  • Ken
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。