Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/26-ae574d1e

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

夜は千の目をもっている  石森章太郎

「夜は千の目をもっている」は1962年、少女クラブのお正月臨時増刊号に掲載された作品です。私はこの作品は石森章太郎の「続・マンガ家入門」での手本として使われていたことで知りました。

thousand


作品はメロドラマといった風な作りとなっています。TVドラマにしてもいいようなストーリーで少女雑誌に掲載するのはもったいないような作品だと私は思いました。

この「夜は千の目をもっている」と言うのは、確かある詩人の実際にある詩から使用していたと思います。漫画の中では主人公の家庭教師が曲として歌うという風になっていたと思います。(手元に作品が無いので記憶で描いているので間違っていたらごめんなさい)そして主人公が弾き語りで歌うこの曲がクライマックスの場面となっていたと思います。

ネットで調べたらこのような詩がありました。おそらくこれが原詩だったと思います。
 


The Night has a Thousand Eyes

The night has a thousand eyes,
And the day but one;
Yet the light of the bright world dies
With the dying sun.

The mind has a thousand eyes,
And the heart but one:
Yet the light of a whole life dies
When love is done.

-- Francis William Bourdillon



スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/26-ae574d1e

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。