Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/2-e4193f9e

-件のトラックバック

-件のコメント

[C1] 懐かしい

ぼくが中学卒業後小樽の本屋へ就職したときなんですよね。少年サンデーが創刊され〇マンを読んでいました。でもストーリーがどう展開したのか記憶に無いです。途中で読むのを止めたのかも

[C2] ゼロマン

■さむさん

少年サンデーが創刊されたのは私が幼稚園か、小学1年の頃ですね。だから、サンデーに連載のときは見ていません。後に単行本になってからまた古いサンデーを近所の家で見たような記憶がします。
  • 2007-12-21
  • ま~さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0(ゼロ)マン  手塚治虫

0man


この「0(ゼロ)マン」と言う漫画は週刊少年サンデーに手塚作品の2番目として連載された大河作品です。サンデーが創刊された1959年から1960年まで約16ヶ月の連載でした。私が幼稚園から小学1年生の頃の作品で、誰かの家で偶然連載の一部を読み非常に魅かれた作品でした。後に町にあった貸し本屋で単行本として出ていた物を借りて読んだ記憶があります。しかし全巻を読んだ記憶はなく、どのように話が展開していったのか知る由もありませんでした。(すいません、この漫画貸し本屋さんに返した記憶がありません。)
キャラクターの可愛さと、リスの尻尾を持った少年と言うことが強い印象でした。

現在ストーリーの要約などを読むとかなり複雑なことをテーマにしていますが、不思議と小学生でもそれなりに面白く読めたと言うことは手塚治虫のストーリーの展開が上手いと言うことではないでしょうか。

私は子供の頃これがテレビアニメになれば良いなと思っていました。実際、虫プロはこの「0マン」のテレビアニメ化を企画しパイロットフィルムを作っています。しかし、このパイロットフィルム版では主人公のリッキーは子供でなく、青年という設定になっています。そうなるとリッキーの可愛らしさがなくなり、青年にリスの尻尾が生えているというのは異様な感じで、当然この企画はお蔵入りとなりました。いつの日か原作の設定でアニメ作品として作られることを期待してます。
スポンサーサイト
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://retromanga.blog34.fc2.com/tb.php/2-e4193f9e

0件のトラックバック

2件のコメント

[C1] 懐かしい

ぼくが中学卒業後小樽の本屋へ就職したときなんですよね。少年サンデーが創刊され〇マンを読んでいました。でもストーリーがどう展開したのか記憶に無いです。途中で読むのを止めたのかも

[C2] ゼロマン

■さむさん

少年サンデーが創刊されたのは私が幼稚園か、小学1年の頃ですね。だから、サンデーに連載のときは見ていません。後に単行本になってからまた古いサンデーを近所の家で見たような記憶がします。
  • 2007-12-21
  • ま~さん
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。