Entries

スポンサーサイト

デン助劇場

テレビの舞台喜劇と言うと、大阪ものを思い浮かべますが、東京もので人気があったのが「デン助劇場」ではないでしょうか。大宮敏充演じる「デン助」が繰り広げる喜劇で、このデン助と言うキャラクターが憎めない人でした。NET(現テレビ朝日)系で放送されていました。時間帯は何回か変更があったようですが、私が記憶しているのは確か土曜の12時15分から12時45分くらいの放送ですね。個人的にはそれほど好きと言うほど...

スチャラカ社員

スチャラカ社員は日曜のお昼にTBS系で(関東)放送されていました。はじめのころはビデオもなく、生放送で観客の前で演じられていたそうです。てなもんや三度笠と出演者が何人かダブっています。と言う事は藤田まこと、白木みのるは日曜に2つの番組を掛け持ちで持っていたと言うことでしょうかね。...

ローンレンジャー

シルバーウィークも始まったので、「ハイヨー、シルバー」の掛け声が懐かしい「ローンレンジャー」の話題を。日本では1958年からTBS系列で放送されたようですが、アメリカではTV版は1949年から1958年に渡って放送されていたそうです。まさにアメリカで放送が終わった年に、日本での放送が始まったと言う事ですね。ローンレンジャーとインディアンのキモサベのコンビは強く記憶に焼きつけられています。アメリカで...

番頭はんと丁稚どん

テレビで見た記憶はないのですが、よくこの番組の題名は記憶に残っています。実は私は映画でこの作品を見ました。現在では裸の大将で有名な、芦屋雁之助の番頭とだめな丁稚が中心の話で、大村昆が非常に印象的な作品でした。幼い私は彼のこのキャラクターが好きでしたね。でも役者としては大村昆はなかなかこのイメージから抜けるのに大変だったようでした。彼のキャラクターイメージはこの丁稚、とんま天狗、オロナミンCでした。...

ホームラン教室

ホームラン教室はNHKで放送されていた子供番組です。私はそれほど野球が好きな子供ではなかったので、ホームランと言う野球のキーワードが入っているだけで、それほど興味がなくあまり見ていた方ではないと思います。でもそれなりに人気があったのかもしれません。まったく見なかったと言うわけではありませんでした。主演はこれまた名子役と言われた小柳徹がやっていました。このころはNHKが子役の宝庫だったように思います...

怪獣マリンコング

ウルトラQよりも以前にあった怪獣が主役の連続TVドラマがこの「怪獣マリンコング」という作品でした。私は再放送で何回か見たことがあります。怪獣もさることながら子役の太田博之が可愛くて見ていたと言う所もあったようです。マリンコングはほとんどゴジラと言った感じの怪獣だったようです。ストーリーは全く覚えていません。怪獣が出てくるのを楽しみに見ていただけだったので、ストーリーはほとんどどうでもよかったような...

変幻三日月丸

このテレビ時代劇は私の記憶からほとんど消えていました。「変幻三日月丸」と言うタイトルは全く記憶に残っておらず、私の知らない作品だと思っていました。Youtubeにこの作品がありました。作品の一部を見ても記憶は甦らず、やはり知らない作品だと思っていました。それにしてもこの刀に乗って空を飛ぶと言うシーンには笑ってしまいました。しかし、何回かこのビデオを見ていると、甦って来るものがありました。それは、刀...

スーパージャイアンツ

スーパージャイアンツはテレビではなく、映画のシリーズとして50年代後半に作られたヒーロー物です。宇津井健が演じていました。昨日のエントリー、「遊星王子」と比較してみてください。何かほとんど一緒のコスチュームですよね。違いは「魅せられて」を歌う時のジュディ・オングのようなびらびらの羽(?)がついていること。私は後年テレビでこの映画が放送されてこの作品を知りました。しかし記憶は薄く、どんな作品かほとん...

遊星王子

遊星王子は1958年から1959年まで日本TVで放送されたヒーロー物。制作は「月光仮面」「ジャガーの眼」「怪傑ハリマオ」などのTV初期の子供向けの作品を多くたがけた宣弘社。この年代ですから、私はリアルタイムで見ていたとは言えないでしょう。多分再放送で見たのでしょう。なんとなく覚えていますが、はっきりした記憶はありません。映画版も東映で作られましたがキャストはTV版とは全く異なります。映画版は若き日...

とんま天狗

「1959年から1961年まで放送。喜劇作家、花登筐の鞍馬天狗のパロディ作品。1959年から1961年まで放送。喜劇作家、花登筐の鞍馬天狗のパロディ作品。やりくりアパートで人気の出た大村崑を主役に抜擢し、成功を収めた。オロナイン軟膏の生CMでの「姓はオロナイン、名は軟膏」フレーズが流行した。」だそうです。とにかく私にとっては大村こんと言うとこの役と「番頭はんと丁稚どん」の丁稚役を思うくらい印象のつよいものでした。ま...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。