Entries

スポンサーサイト

フライング ベン  手塚治虫

犬が主人公と言う事もあって、この作品を思い出すとき、「超犬リープ」を思い出し混同したりします。しかし、こちらの方はロボット犬ではなかったですよね。読んだ事はあるのですが、それほどは記憶に残らなかった漫画です。何か強烈な印象の登場人物(犬)がいなかったせいもあるのでしょうか。しかし、タイトルは印象的で良く覚えているといった漫画です。この作品は虫プロでテレビ化を企画されてパイロットフィルムが作られてい...

おくさまは18歳  本村三四子

岡崎友紀、石立鉄男主演のTVドラマの方が有名になってしまって、原作が漫画だと知らない人もいたりするかも。これは1969年から「週刊マーガレット」に連載された、本村三四子の漫画が原作になっています。漫画では舞台は当時の少女漫画に多くあったように外国です。私はこの漫画が「マーガレット」に連載されている事は知っていましたが、まともに読んではいませんでした。本村三四子の描く絵はそれほど私には魅力のない平凡...

少年キング

テレビで少年キングが創刊されると言うCMを見たときは興奮しました。サンデー、マガジンに続いて新しい週刊誌がそれも「少年画報」を出している会社が出すと言うので大いに期待がありました。しかも創刊号はなんと30円でした。他の雑誌は50円の時代でした。創刊号ともう一つ週刊誌を買えました。新しい物好きだったので、しばらくキングにも興味を持っていましたが、もう一つぱっとしなくて興味はサンデーやマガジンより薄れ...

黒い秘密兵器  原作 福本和也  漫画 一峰大二

あまりスポーツ漫画、特に野球漫画には興味がない私でしたが、この漫画はわりと好きでよく見ていたと思います。その理由がこの漫画は「魔球」と言うものが主なテーマで、主人公が次々と新しい魔球を生み出していくというところに、どんな魔球が飛び出してくるのかといった興味でした。原作が「ちかいの魔球」の福本和也でした。...

ヒョウタンツギ

手塚漫画に時たま出てくるこのキャラクターなんとなく好きです。ストーリーとは関係なく突然現われる、謎のキャラで賛否両論あるそうですね。私は子供のころ手塚漫画には不可欠なものと思っていました。何とも不思議な形と、突如現われる不可解さに魅了されました。あと、上のイラストの右上にいる「~でガンス(ごんす?)」といって現われるキャラもなんとなく好きでした。でもヒョウタンツギには負けるなぁ。...

だよ~んのおじさん

赤塚漫画にはいろいろなキャラクターが出てきます。それぞれ好きなキャラクターがいるでしょうが、私はこの「だよ~んのおじさん」が初めておそ松くんにでてきた時の衝撃を忘れられません。一度聞いたら口癖になる語尾に「だよ~ん」と言うこのせりふ。そしておたふくのように横に広がった口周り(頬?)。すぐにファンになりました。バカボンのパパよりすきだよ~ん。...

罪と罰  原作 ドストエフスキ-  漫画 手塚治虫

私はこの手塚作品は1968年1月号のCOMの特別付録で、初めて読みました。斬新なコマ割で、舞台作品を見ているような雰囲気を感じました。よくあのような名作を漫画にしたものだと感心しました。ただ原作を知っているとこの漫画は相当簡略化されていて物足りないと思うでしょう。高校生になってから原作に接して手塚版「罪と罰」にがっかりしました。しかし、その後漫画版は漫画としてかなりの作品だったと思えるようになりま...

サインはV!  原作 神保史郎 漫画 望月あきら

この作品は断然TVドラマの方が有名ですね。連載はテレビよりちょっと早く始まっていますが、どうもマーガレットに連載されていた「アタックNo1」の対抗馬として企画された作品のようですね。チームの名前が漫画とドラマでは違ってました。野球の場合実在の球団の名前が使われるのに、なぜバレーではだめなのかふじぎな感じでしたが、バレーのチームがプロでなく実業団チームだからだったなのでしょうね。主人公のチームも漫画...

スパイキャッチャーJ3  原作 都築道夫 漫画 堀江卓

これはの作品はTVドラマをもとにマンガ化されたものでした。車が空を飛ぶとか、ちょっと荒唐無稽なところもあり、漫画向きな作品という感じもありますが、川津裕介、丹波哲郎などが出ていてTVの方が面白かったですね。漫画版はそれほど面白いとは思はなかったような気がしますタイトルが長すぎるという感じもしたし。...

生誕80周年おめでとう

今日文化の日が、手塚治虫の誕生日だったんですね。生きていれば今年で80歳。60歳でなくなったわけですが、自分がその年齢に近付くに連れ早い死だったとつくづく思います。英語版のウィキペディアでこんな写真を見つけました。若い頃の手塚の写真を見るのは、初めてでした。...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。