Entries

スポンサーサイト

アニメ版  佐武と市捕物控  

このアニメは当初、大人向けの作品と位置づけられ、放送時間帯はアニメ作品としては珍しい午後の9時台に放送されました。また、時代劇の監督である松田定次を監修に招いた作品です。ストップモーションとか多用したりして、リミテッド・アニメーションの欠点をむしろ利点として使うなど実験的な要素もあり、私はとても好きでした。また、大人向けと言う事で色っぽいシーンなどもあったように記憶しています。当時はまだアニメは大...

アシュラ  秋山ジョージ

新聞や朝のワイドショーでこのマンガが取り上げられていて、驚きました。1970年のことです。このマンガには人肉を食べる主人公の絵が描かれていて、それが子供に与える影響を考えある地域で有害図書に指定され販売が禁止になったと言うニュースでした。興味を持った私は町の本屋に行き、発売中の少年マガジンを手にとって見ました。秋山ジョージと言うと森田拳次に似た絵柄のギャグマンガ家として知られていたので、その場面を...

大平原児  川崎のぼる

1964年ごろ少年ブックに連載されていた川崎のぼるの西部劇マンガです。この頃は川崎のぼるというとこういったマンガのイメージが強く、それほど私好みの絵柄ではなかったのですが、読み始めると面白く、徐々に好きになった漫画家です。...

スーパー太平記  手塚治虫

このマンガは「少年画報」に1958年から1959年まで1年間連載された漫画です。当然連載当時はこの漫画を見ていません。友人だか知人の家に行った特、古い「少年画報」があり、それでこのマンガを知りました。SF時代劇というべき物語で、未来から来た両親に江戸時代に置き去りにされ、その時代の人間に育てられた主人公駒助が奇想天外な発明をして悪人と戦うというような話でまさに、ストーリーも奇想天外で子供心に夢と空...

シルバークロス  藤子不二雄

藤子作品のこのマンガが「少年」に連載されましたが、私が読んだのは近所の子供の家にあった付録でした。こういったマスクのヒーロー者が好きであまり読んだ作品ではないのですが強い印象が残っています。私なりにかっこいいヒーローだと思ったのでしょうね。タイトルロゴのクロスのマークも好きでよく真似してノートなどに落書きしていた記憶がよみがえってきました。ストーリーに関しては全く記憶はないです。...

ハリスの旋風  ちばてつや

「ハリスの旋風」が少年マガジンで始まったのは、同い年の従兄弟からでした。従兄弟はかなり気に入っていたマンガのようでした。私はちばてつやは好きでしたが、このマンガが始まった当初、このマンガは嫌いで、どうしても好きになれませんでした。なぜなら主人公が不良だったからでした。ケンかをやたらしたり、学校での不良のことを題材にしていたからです。「番町」と言う言葉もこのマンガで始めて知りました。最初は何の事だか...

カッパの三平   水木しげる

墓場の鬼太郎のところで書いたように、水木しげるの作品は不気味で嫌いだったのですが、雑誌「ぼくら」に連載されたカッパの三平あたりから少しは好きになり始めました。嫌いとは言えその背景の画力からとても気にはなっていたマンガ家でした。この作品はユーモアがあって水木しげるの世界に入って行きやすかったと思います。この頃、私も水木しげるのマンガのキャラクターを真似て描いたりもしていました。ちなみに「カッパの三平...

プラモデルの思い出

私は手先が不器用な方で、何かを作ったりするのは苦手な方です。その私が、どうしても欲しかったのが鉄人のプラモデルです。そのプラモデルはディスプレー用のものでなく、電池を入れると歩行すると言うものでした。親にねだってやっとの事買ってもらいました。大喜びでさっそく箱を開けると、ものすごい数の細かい部品が入ってました。そして組み立て説明書を見ると非常に複雑な感じがしました。一気に喜びが吹っ飛びました。私に...

漫画版 マグマ大使   手塚治虫  

マグマ大使というと特撮の実写ドラマの方が有名で、そちらの方を思い浮かべる人が多いようです。漫画版は少年画報に連載されていました。カラーページが多くて私は好きな漫画でした。ただ、連載された頃には週刊誌を買うようになり、それほど少年画報を買って読むことはなくなりましたね。...

墓場の鬼太郎  水木しげる

「ゲゲゲの鬼太郎」として知られているこの漫画は、1965年ごろ少年マガジンで連載された当初は「墓場の鬼太郎」と言うタイトルでした。水木しげるの細かな絵の描写には感嘆しましたが、それがかもし出す気味悪さが私は大嫌いでした。また人物と背景とのアンバランスが何か不自然でそれも今までの漫画とは異なっていてなじめませんでした。丁度この頃楳図かずおの「半漁人」の連載もあり、少年マガジンは買う気にはなりませんで...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。