Entries

スポンサーサイト

よたろうくん 山根赤鬼

「よたろうくん」は1956年頃からいくつかの雑誌に描き継がれ、1968年まで連載が続いたいたそうです。もちろん私が知っているのは1960年前半の頃の連載です。作者は山根赤鬼といい、双子の漫画家でもう一人は山根青鬼というペンネームでした。双子ですから当然絵柄も似ていて、私は青鬼と赤鬼が同じ人だと思っていました。単に気紛れで「赤鬼」となったり「青鬼」となったりしているのだと思いました。二人は田河水泡の...

ナガシマくん  わちさんぺい

「少年」に連載されたこの漫画は、リアルタイムでも読んでいたような記憶がありますが、ほとんどは近所の家にあった古雑誌で読んでいたように思います。ギャグ漫画と言うよりほのぼの漫画といった風な漫画です。「わちさんぺい」という不思議な名前で、子供心にとても記憶に残る漫画家でした。ほかにも「火星ちゃん」とかいうたこのような生き物が主役だった漫画があった記憶がありますが、たこだったのか宇宙人だったのかたこに似た...

ペスよおをふれ  山田えいじ

この漫画、姉が友達から借りた「なかよし」に載っているのを見て、好きになりました。が、もちろん姉が借りられた時しか読めないと言う不運。とにかく、記憶に強く残る少女漫画でした。ペスという名前も当時ハイカラな感じがして気に入ってました。犬のスピッツという種類もこの漫画で知りました。犬の種類はラッシーのコリーとこのスピッツくらいしか知らない田舎の子供でした。作者の山田えいじは少年漫画も手がけていたようです...

少年ジェット  武内つなよし

「ぼくら」に連載されていたこの武内つなよしの漫画は、私にとっては漫画よりテレビドラマの方が記憶に深く刻まれています。たぶん同年代の人はみなそうではないでしょうか。漫画を見たと言う記憶はうすく、漫画でストーリーがどうだったかと言う事はまったく記憶に無いです。実写のドラマは友達の家で数回本放送を見せてもらった記憶があり、次回から主役が変わるという予告を覚えています。しかし初代のジェットをあまり見ていな...

アニメ版  さすらいの太陽

藤川桂介原作、すずき真弓作画の少女コミック連載の漫画が原作としてありますが、テレビアニメ版はいくつかの設定が異なっています。基本的なストーリーとしては病院で意図的に金持ちと貧乏人の家族に取り替えられた少女が歌手を目指す根性物とでも言うべき作品です。こういった設定はよく使われがちなものですね。後の山口百恵の『赤い運命』も取り違えが設定としてありました。この作品ちょっと意外な虫プロが製作しています。目...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。