Entries

スポンサーサイト

白蛇伝 予告編 より

良く行くレンタルDVD店でまたまた10本300円というビデオを買いました。そのうちの1本に東映映画が日本で初めての長編カラーアニメと(その頃は総天然色漫画映画!と言う)銘打った「白蛇伝」がありました。昭和33年に公開されたと言うこのアニメは長い間見たいと思ってましたが、その機会が長らくありませんでした。大人になってからTVで放送されたものを一部見た記憶があります。そのたった1回だけでした。それでこ...

実写ドラマ ピロンの秘密

手塚作品でも割とマイナーな作品で、知っている人は少ないと思う作品ですが、「ピロンの秘密」はTVドラマ化されています。ストーリーはTVと同時進行的な展開だったのかもしれません。個人的にはリアルタイムでは見たことはないと思います。再放送か何かで何回か見た記憶がうっすらとあります。「ピロン」という変った名前で私の記憶に留まりました。記憶が正しければ「ピロン」というヤクルトのような乳酸菌飲料がその頃あったように思い...

アニメ 悟空の大冒険

アニメ「悟空の大冒険」は「鉄腕アトム」の後番組として放送されたカラーアニメです。これは手塚治虫の「ぼくのそんごくう」という漫画をもとに作られましたが、その漫画からはキャラクターの設定、ストーリーなどまったく異なる作品といってもいいでしょう。これは日本テレビの「黄金バット」の裏番組だったので、視聴率もだいぶ負けていました。少なくとも1年放送の予定が9ヶ月ほどで打ち切りになりました。私はこのキャラが好...

関谷ひさし

関谷ひさしと言うと冒険王に連載されていた「じゃじゃ馬くん」という漫画をまず思い出します。私はそれほど関谷ひさしの漫画は好きではありませんでした。彼の絵は私にはあまり魅力を感じませんでした。それで連載されてはいましたが、まともに読んでませんでした。しかし、あるとき読んでみると案外ストーリは面白く、それからは読むようになりました。「少年」には「ストップにいちゃん」という漫画を連載していました。これはギ...

ポパイ  森田拳次

森田拳次を2日続けてエントリー。少年画報だったと思いますが、モリケンはTBSでやっていた外国のアニメ「ポパイ」の日本版漫画を描いていました。かなりアニメのキャラクターを忠実に描いていたと思います。それでもモリケンらしいところもでていました。ポパイの終了後にオリジナルの漫画を連載し始めたようです。新しい森田拳次の漫画が「ポパイ」のあとに始まると言う予告が少年画報にのっていたのをよく記憶してます。...

森田拳次

森田拳次の作品と言えばなんと言っても「丸出ダメ夫」ではないでしょうか。この作品の人気で森田は「おそ松くん」の赤塚不二夫と2大ギャグ漫画家として競い合っていたように思います。現に二人は子供クイズ番組に出ていました。しかし、森田は人気作家でありながら、日本の漫画界に背を向けアメリカに旅立ち、一こま漫画の勉強に行ってしまいます。帰国後はシリアスな漫画を描いたりしましたが、ギャグまんが、一こま漫画を描き続...

電人アロー  一峰大二

一峰大二と言う漫画家は多彩ですね。いろいろなジャンルがあります。絵柄は私の好みから言うともう一歩といった感じなのですが、なかなか面白い作品が多くて好きか嫌いかと言うと好きなほうに入る漫画家でした。月刊誌「少年」に連載されたヒーロー物に「電人アロー」があります。この連載で「少年」には鉄腕アトム、鉄人28号に続いて新たな好みの作品が増え、ますますの「少年」買いが始まりました。この電人アローは胸のマークが...

魔神ガロン  手塚治虫

「魔神ガロン」は冒険王に連載された手塚治虫の作品です。ガロンは手塚のお気に入りのキャラクターだったようで、鉄腕アトムやマグマ大使といった他の手塚作品に登場しています。この作品に関して私はある記憶があります。それはこの作品が実写でテレビ化されると言う予告のようなものを見た記憶があるのです。そして確かに写真が載っていたのです。それは私の家にTVが来る前のことで、果たして放送されたのかどうかもわかりませ...

鋼鉄人間シグマ  原作・横山光輝 漫画・塚本光治

私はこの漫画の連載第1回を良く覚えています。この作品はカラーの扉絵でした。そしてそこに描かれていたシグマの絵はなんと影丸にそっくりな顔。私は横山光輝が2つ連載をサンデーに始めたのだと思いました。しかしそれは勘違いでした。当時少年サンデーには「伊賀の影丸」を横山光輝は連載していたためでしょうか、この漫画は横山光輝が珍しく原作を担当し、漫画を塚本光治という無名の新人漫画家が担当していました。しかし、そ...

アニメ サザエさん

正直初めて「サザエさん」のアニメをフジテレビが企画していると言う話を聞いた時、驚きました。SF物が主流だったアニメに「サザエさん」はどうだろうと思ったからでした。まさかこんなに長続きするアニメ作品になるとは思いもよりませんでした。「サザエさん」というと私の世代では映画版の江利チエミのサザエさんが印象に強く、アニメの声も江利チエミ的な声を予想していましたが、加藤みどりでびっくりしました。それまで加藤...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。