Entries

スポンサーサイト

アラーの使者

千葉真一の名前を意識したドラマです。でも実際には千葉真一は七色仮面の2代目として主演していました。中東をイメージしたこの作品は、不思議な異国の雰囲気(舞台は日本ですが)があり、とても惹かれるものがありました。アラーの使者の姿もかっこいいと子供心に思ったものです。カバヤ食品がスポンサーだったので、「カバヤン王国」「マミー」などスポンサー関連の名前が使われたりしています。本放送は1960年だったので、...

七色仮面

ナショナルキッドと良く混乱したヒーローですね。子供心にこの仮面怖いと思いました。正義の味方とは思えなかったな~。始めは波島進が主役をやっていましたが、千葉真一に代わりました。なぜか千葉真一に代わった最初のエピソードを見た記憶があります。これは、七つの顔を持つ男を子供用に脚色した感じの作品でしたね。ナショナルキッドと混同したのは漫画がナショナルキッドを描いた一峰大二だったということも原因であるかもし...

冒険少年シャダー

「とびだせバッチリ」の後番組がこの全然毛色の違うヒーロー物の作品でした。この作品も原作は岡本光輝で、脚本を辻真先が担当していました。私ははっきりどんな話かは覚えていませんが、Wikipediaによると”古代文明の生き残りで、富士山の洞窟から現代に復活した少年シャダーは、変身能力と悪魔的な呪術を使う魔人ゴースターが世界征服をたくらんでいることを知る。マンボ博士の協力で現代科学を学んだシャダーは、博士の作っ...

スーパーマン (実写版)

懐かしいなあ。このオープニングは記憶に強く残ってます。オープニングの音楽がオリジナルとは違うと言う事をユーチューブで見て初めて知りました。日本のほうがかっこいい!...

スパイキャッチャーJ3  原作 都築道夫 漫画 堀江卓

これはの作品はTVドラマをもとにマンガ化されたものでした。車が空を飛ぶとか、ちょっと荒唐無稽なところもあり、漫画向きな作品という感じもありますが、川津裕介、丹波哲郎などが出ていてTVの方が面白かったですね。漫画版はそれほど面白いとは思はなかったような気がしますタイトルが長すぎるという感じもしたし。...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。