Entries

スポンサーサイト

ジュン 章太郎のファンタジーワールド   石森章太郎

「ジュン」は虫プロ商事発行の雑誌「COM」に19967年から1969年まで」連載された、石森章太郎の実験的漫画でした。こういった作品にはれていなくて、正直わたしは戸惑いました。とにかく普通の商業誌ではお絶対に載せる事は出来ない漫画だったと思います。ストーリーと言うストーリーはない漫画で、ある人の言葉を借りると「絵による散文詩」と言った表現が一番当たっている漫画です。確かふきだしによる登場人物の台詞...

霧隠  石森章太郎

「霧隠」は1965年の「少年夏の増刊号」に掲載された漫画ですが、私はこの作品は「続マンガ家入門」で知りました。霧隠才蔵の孫に当たる進吾が主人公で、時は太平となり忍者の活躍が必要ではない時代の忍者たちの生き方を背景にしています。コマ運びのスピード感、時の経過表現等、映画的手法が上手く使われています。心に残るストーリーで石森は本当は映画をやりたかったということがこの漫画でも良くわかります。...

テレビ小僧  石森章太郎

テレビ小僧は「日の丸」、「少年ブック」、「冒険王」に連載された漫画です。一応この3誌とも連載された漫画を読んだ記憶がありますが、リアルタイムでは「少年ブック」と「冒険王」です。好きな漫画だったので雑誌が変わって連載が始まって嬉しかったように思います。新しいメディアだった時代にTV界を舞台にした漫画を描くとは石森もかなり進んだ人だったのですね。主人公のテレちゃんが起こすドタバタ劇が、破天荒でとても好き...

サイボーグ009  石森章太郎

私にとっての「サイボーグ009」は1964年に少年キングに連載されたシリーズ最初のものです。ゼロゼロとか言うのは当時人気だった007の映画を連想させました。とにかくタイトルのロゴといい009の格好と言い、かっこいいと思いました。よく009をコピーして描いたものです。後にいろいろな雑誌に連載されましたが、あまり興味はありませんでした。私には少年キング版で完結していたのかもしれません。...

夜は千の目をもっている  石森章太郎

「夜は千の目をもっている」は1962年、少女クラブのお正月臨時増刊号に掲載された作品です。私はこの作品は石森章太郎の「続・マンガ家入門」での手本として使われていたことで知りました。作品はメロドラマといった風な作りとなっています。TVドラマにしてもいいようなストーリーで少女雑誌に掲載するのはもったいないような作品だと私は思いました。この「夜は千の目をもっている」と言うのは、確かある詩人の実際にある詩か...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。