Entries

スポンサーサイト

生誕80周年おめでとう

今日文化の日が、手塚治虫の誕生日だったんですね。生きていれば今年で80歳。60歳でなくなったわけですが、自分がその年齢に近付くに連れ早い死だったとつくづく思います。英語版のウィキペディアでこんな写真を見つけました。若い頃の手塚の写真を見るのは、初めてでした。...

井上英沖

マンガ家井上英沖といってピンと来る人はある程度の年齢の人でしょうね。でも「遊星少年パピイ」の作画をしたマンガ家といえば、わかる人はいるでしょうか。井上英沖はまた同時期に「宇宙パトロール ホッパー」という東映動画制作のアニメのマンガ版を「ぼくら」に連載しました。ほとんど同時期に2つのアニメ作品に関わったと言う事になります。「パピイ」の方はキャラクターデザインを担当したらしく、アニメは井上の絵に近いも...

赤塚不二夫

わたしには「おそ松くん」がなんと言っても印象深い赤塚作品でした。チビ太、ハタ坊、デカパン、ダヨ~ンのおじさんと個性豊かな脇役陣が登場し、主役を食ってしまう珍しい漫画でした。しかしなんと言ってもおそ松くんで有名なキャラクターとは「シェーッ」のイヤミです。わたしの小中学校時代のあだ名の一つが「イヤミ」でありそれを数字化した「183」と言うものでした。「もーれつア太郎」や「天才バカボン」と言う代表作もあ...

一峰大二

一峰大二というと、テレビ放送された番組の漫画化をやっていたことで、その名を知っている人が多いでしょうか。私の世代で言えば「ナショナルキッド」、「七色仮面」と言った作品をすぐに思い出しますね。でも私の中では、そういった漫画より、実は彼のオリジナル作品の方が強く印象に残っています。たとえばこのブログで取り上げた「ト伝くん」「電人アロー」などです。他にも「黒い秘密兵器」などの野球物など多彩な漫画を描く人...

藤子不二雄

藤子不二雄が二人いると言う事実を知った時は、ショックでした。好きな漫画家が実は二人の人物だと言う事を受け入れがたく信じられませんでした。しかし小学校5,6年の頃夏休みに『小川宏ショー』で人気の漫画家たちが出演した番組があり、二人の藤子不二雄をを目の当たりに見て、本当に二人いるんだと思わされました。今見るとわかるのですが、当時は二人の作風の違いを見分ける事が出来ずにいました。個人的には藤子Fの方の画...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。