Entries

スポンサーサイト

ハレンチ学園  永井豪

実を言うとこの漫画に対しては、私はとても批判的な意見を最初もってました。子供の漫画に性的な内容を盛り込むのは、有害だと思ったからです。良くこんなものが、少年雑誌に連載されるのか疑問でした。にも関わらず、この漫画が大人気となり、映画そしてTVドラマになるとミーハーでしっかり見てました。でも漫画はやはり、ちょっと過激だったと思います。...

ポテト大将  板井れんたろう

「少年」に連載されていたほのぼの漫画。まだギャグまんがと言う言葉はなかった時代ですね。どういう設定とか話は覚えていませんが、タイトルははっきり記憶に残っています。それなりに面白かったと思う漫画。やはり子供の頃はSF物、ロボット物が好きだったので、特にファンというわけではありませんでした。今となるととても懐かしい漫画ですね。...

ズーズーC  森田拳次

「ズーズーC」 は冒険王に連載されたギャグ漫画です。「丸出だめ夫」以前のモリケンの大表作ではないでしょうか。でもこの頃はまだ「ギャグ漫画」と言う言葉のない時代で、「ゆかい漫画」なんですね。凄く記憶に残っている漫画ですが、どんな内容かは覚えていません。なんとなく「ズーズーC」はロボットだったような記憶があります。掲載した付録の表紙を見てもどうも腹掛けをしたロボットのようですね。内容を知っている人は教...

オバケのQ太郎   藤子不二雄 と スタジオゼロ

「オバケのQ太郎」は1964年に少年サンデーに新連載で登場した藤子不二雄とスタジオゼロの作品です。私は記念すべきこの号を買ってリアルタイムで読みました。藤子不二雄がメインの作品ではありますが、スタジオゼロのメンバーの協力でこの作品は描かれていました。登場人物の中に石森章太郎の絵や、つのだじろうの絵などが現われて、一度に幾人かの漫画家の作品を読めるという感じでした。連載当時は後の完全な藤子F不二雄作...

おそ松くん 「チビ太の金庫破り」

おそ松くんの中でもこのエピソードが、一番印象的に残っていて好きなエピソードの一つになっています。この話が「少年サンデー」に掲載された時、非常に感動し、笑いの中にこんな感動的な話を作れる赤塚不二雄という漫画家はすごいな~と思いました。それから数年後、高校生の私は O ヘンリーの短編集を読み、その中の物語の一つ「改心回復」にあれっと思いました。そうなんです、おそ松くんの「チビ太の金庫破り」はこの「改心回復...

Appendix

FC2カウンター

プロフィール

まぁ様

Author:まぁ様
昭和30~50年代のテレビ、漫画などに興味あり。

ブログ内検索

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。